腱鞘炎の痛みは我慢しない

腱鞘炎を予防する方法

腱鞘炎になってしまう原因とは何か

皆さんは、「腱鞘炎」という言葉をご存知でしょうか?腱鞘炎は、ご存知のない方は、読み方が分からないという方もいるかもしれませんね。腱鞘炎は、「けんしょうえん」と呼び、主に、腕や手を痛めてしまい、生活に支障が出てしまう事です。腕や手をよく使うような仕事や作業を日々行っている方は、腱鞘炎になりやすいと言えます。仕事だけに関わらず、育児をやられている主婦の方でも、実は腱鞘炎はよく見られるものとなっています。育児では、子供を抱き上げたりと、腕を使う作業や機会も多くなっています。

 

仕事面では、例えば調理業務に徹している人や、パソコン業務を行っている人は、それだけ腱鞘炎を起こしやすいと言えます。さらには、毎日にように運動をしている人も、腱鞘炎になるリスクが比較的高いと言えます。特に、腕を激しく使うようなスポーツをしている人は、それだけ腱鞘炎になりやすいと言えます。例としては、バドミントンやテニスなどが挙げられるでしょう。基本的に、球技などのスポーツでは、腕を使うプレイが多くなってきます。ボールを投げたり受け止めたりと、腕に負荷がかかります。慣れている方でも、使いすぎにより、疲労がたまってしまう事で、腱鞘炎になる事も十分考えられますので、準備運動などをよくしてからスポーツを始めるという事も大事になってきます。

 

久しぶりに球技などのスポーツをやったという方の中にも、腱鞘炎になってしまったという方がいらっしゃいます。久しぶりにやる時には、特に、普段使い慣れていない腕や手に大きな負担がかかってしまうケースもあるのです。このような事からも、腱鞘炎になりやすいと言えます。運動選手の方や、腕をよく使う業務に徹している方などは、腕を激しく使った後には、よくもみほぐしておくという事が求められます。

 

腱鞘炎の予防法には何があるか

腕や手を激しく使った後には、関節をよくもみほぐすといった作業が必要です。そうする事により、腱鞘炎のリスクを最小限におさえていく事ができるのです。今日はパソコンのキーボードを打って入力作業をしすぎたと感じる方であれば、入浴中などを利用して、腕や手の関節をマッサージするといいでしょう。