腱鞘炎の痛みは我慢しない

飲酒は腱鞘炎に影響がある?

飲酒と腱鞘炎の関係とは

手の使い過ぎにより起こりやすい「腱鞘炎」ですが、飲酒によっても、その症状が進行するというのは知っていましたか?お酒をよく飲む人だからといって、どうして腱鞘炎になりやすいのでしょうか?この二つは、あまり因果関係がなさそうに思われますが、実際、飲酒をやめたら腱鞘炎の症状が和らいだという結果を持つ方も多いのです。お酒と指や腕が
関係しているのか?と、不思議に思う方もいらっしゃるでしょうが、実は関係しているのです。お酒を飲むと、関節の痛みをさらに強めてしまう有害物質が、体内で生成されてしまうのです。この事からも、腱鞘炎を早く治したいのであれば、安静にしているだけではなく、飲酒好きな方は、一時だけ飲酒を我慢するといった努力も必要なのです。

 

飲酒は関節を痛める

飲酒と腱鞘炎に関係があったというのは、先に述べましたよね。しかし、関節を痛めてしまうような症状は、腱鞘炎に限りません。腱鞘炎以外でも、関節痛を感じてしまう部分はたくさんありますよね。腕や手だけに関節があるわけではありません。そのため、関節痛全般には、飲酒はすすめられません。先に述べましたように、お酒には、間接の炎症を促してしまう働きがあるのです。そのため、関節の痛みを少しでも緩和させたいと思うのであれば、できるだけ飲酒は断った法がいいのです。飲酒好きな方にとって、お酒を我慢するというのは、大変な事かもしれませんが、炎症をおさえるためにお、飲酒は抑制するべきでしょう。